受付時間 9:00〜17:00 ※定休日 土・日・祝日
株式会社誠昌建設



 木の家って住み心地がいい―――――。誰でも一度は感じたことがあるでしょう。
では、一体どうして木の家は住み心地がいいのでしょうか?
それは、木目の優しさであり、ほんのり漂う木の香りであったり…。
もちろん、そのような心理的な効果もあります。
しかし、それだけではありません。
木の家というのは、実は大変合理的にできているのです。



■| 木には調湿作用がある

  木は湿度が高いときには空気中の水分を吸収し、逆に低いときには水分を放出 し、
 適度な湿度を保つ働きをしてくれるのです。
  つまり、木は夏は高温多湿で、冬は乾燥するという日本の気候に
 合っている建材なのです。
  また、この調湿作用は、カビ・ダニなどの発生を抑えるという点からも有効です 。



■| 環境に優しい

  でも、木を使って家を建てるなんて、環境破壊の促進になってしまうんじゃ―――?
  いいえ、そんな心配はご無用です。
  むしろ木造住宅を建てて長く住むことは地球環境の改善に貢献することになるのです。
  と言うのも、樹木には炭酸ガスをその中に固定させる力を持っているのですが、
 成長した樹木はその力が弱まってきます。
  つまり、伐採後に燃やしたりせずに家の材料として使えば、
 地球上で固定されている炭酸ガス量を減らすことにはなりません。
  換言すれば、炭酸ガス増加の促進にはならないのです。
  また、伐採後に成長力の強い苗木を植林することが、
 将来的に地球全体の炭酸ガス固定量を増やすことにつながるのです。





 
 耐震補強

 
 リフォーム

 
 製作実績(PDF)